目のシワに効くアイクリームランキング

目元専用美容液・アイクリームの特徴

目元の美容液と専用クリームにはどのような違いがあるのでしょうか。

目元美容液は目元の乾燥やシワ対策などの成分に優れており、アイクリームは美容液同様の成分があるのと同時に肌に塗った部分にふたをする役割を持っています。

どちらも目元のケアには効果がありますので、エイジングケアを始めようと思った場合、まず取り入れたいのが目元のアイテムでしょう。

スキンケアが化粧水だけだと時間が経つと水分が蒸発して乾燥してしまいますが、それを防ぐために乳液でふたをして閉じ込めるのです。

しかしアイクリームのほうが値段が高い場合が多いです。

そこまで目元の乾燥が気にならないのであれば、目元専用美容液でも充分効果を得ることが出来ます。

最も良いのは目元美容液を使った後にクリームでふたをすることです。

しかしクリームは使っても使わなくても大丈夫ですから、それほど気にならない人は美容液だけでも充分効果があります。

目元美容液やクリームを選ぶポイントは、ジェル状ではなくコクのあるクリームを選ぶこと、乾燥やシワ防止に役立つ有効成分が配合されていること、そして顔全体にも使えるクリームや美容液です。

一口に目元美容液、クリームと言っても主にシワ対策なのかハリを持たせるために使うのか、用途によってチョイスも異なります。

くすみをなくしてワントーン明るい肌を作ることも目元美容液やクリームを使って得られる効能です。

目元が気になり出したら専用の美容液やクリームを使う時期ですし、そろそろお肌の曲がり角を迎えているのでスキンケアの見直しをすると良いでしょう。

目のクマができる原因

目の下のクマ、何故出来るのでしょうか。

掘り深い顔立ちなど骨格からクマが出来やすい人もいるようです。

しかし最も多いのは身体の疲れ、そして血行不良です。

まず目の周りの血液のうった滞という原因があります。

長時間目を酷使することで血液の循環が悪くなり、睡眠不足、疲労や冷え性、ストレスが溜まるなどは目の下にクマが出来る原因となります。

血液の循環が悪いと血液は酸素不足からどす黒くなってしまいます。

そして顔色がくすんで見えるようになります。

目の周りは皮膚がとても薄くデリケートなため、血液が滞った場合、変化がすぐに現れる場所なのです。

色白の人やまぶたが薄い人は特に注意が必要となります。

さらに毎日目の下に茶色がかったクマが見えている人は、アイシャドーやアイラインなどのメイクを長年していることにより、化粧品の成分やメイクブラシなどで刺激を目の下に与えていることになります。

そのせいで目の周囲に色素沈着を起こすことになります。

日焼けや炎症も色素沈着になりやすい原因の1つですから注意しましょう。

さらに長い間OA機器を使用したり長時間テレビを見ていたり、細かいものを見ていると目の下が膨らんだり、くぼんだりして目の下が黒く見えるようになります。

目の周りに小ジワが多いと目の下から目尻にかけてクマが出来ているようにも見えます。

もともとあった目の下のクマがシワ、たるみによってますます濃く見えることになります。

このように目の下にクマが出来る原因は様々です。

アイクリームなど専用のクリームを使ってしっかりアイケアをすることがオススメです。

規則正しい生活と、日々のスキンケアをしっかりする事が必要です。